この加茂地区ホームページが

「鶴岡市加茂」で検索できるようになりました。

002 baner kamo jichishinkoukai

加茂そぞろ歩き

加茂地域を紹介したパンフレット「加茂そぞろ歩き」です。PDFをダウンロードしてご活用ください。

» PDFダウンロード(2.1MB)

H280605 100 new kamo map 2 H280605 100 new kamo map 3H28.6.8 新しい加茂町歩きマップができました。PDF書類をダウンロードしてご活用下さい。↓↓↓

» PDFダウンロード(5.1MB)

H301010 100 minato oasis akimatsuri 2018 第1回港オアシス加茂秋祭りのチラシがダウンロード出来ます↓↓↓

» PDFダウンロード(1.0MB)

H300908 100 kamohakkei contestH30年度「港町加茂八景」写真コンテスト応募募集パンフレットがダウンロード出来ます↓↓↓

» PDFダウンロード(0.8MB)

H300610 200 baner 1

⭐️みなとオアシス加茂 紹介ページを開設しました 

 H300620 100 kamotairyoufes

 ⭐️平成30年7月15日開催の第14回海の日記念、加茂港大漁フェスティバルのパンフレット(PDF)のダウンロードができます。↓↓↓

 » PDFダウンロード(1.1MB)

 H300621 100 miyajima100th 1 H300621 100 miyajima100th 2

⭐️バナー協力頂いていております、「愉海亭みやじま」さんの創業100周年記念、平成31年5月31日まで(年末年始、ゴールデウイーク除く)の期間限定特別プランのチラシのダウンロードができます。↓↓↓

» PDFダウンロード(1.7MB)

» PDFダウンロード  (1.3MB)

 H291029 100 takeya hotel

バナー協力頂いていております、「竹屋ホテル」さんの平成30年5月31日まで(年末年始、ゴールデウイーク除く)の期間限定特別プランのチラシのダウンロードができます。↓↓↓

» PDFダウンロード(0.9MB)

 H300429 100 TSC calendar 1 H300429 100 TSC calendar 2

平成30年5月のたかだてスポーツクラブカレンダー等(PDF)のダウンロードができます。↓↓↓

» PDFダウンロード(1.3MB)

» PDFダウンロード(1.4MB)

H290930 100 syogaigakusyu kouho3

平成29年9月28日発行の平成29年度〜加茂・生涯学習講座〜広報☆第3号(PDF)のダウンロードができます。↓↓↓

» PDFダウンロード(1.1MB)

このホームページのQRコードです

QRcode yamagata-kamo

 

 加茂水族館前山の祠と安置仏について(長浜谷弘子 様からのお問い合わせへの回答です。長浜谷弘子 様。お問い合わせありがとうございます。)

 

 加茂水族館前山の祠と安置仏について、自治会にて調査をさせていただきましたので、ご回答いたします。

 先ず、質問の閻魔様に見えた石仏は、頭巾の形からそのように見えたのかと思いますが、実際はお地蔵様と思われます。

 そうすると、何故、あの場所にお地蔵様の祠があるのか、納得していただくために、その由来を少し説明しなければなりません。

 

 昔から、この地域の海岸線に点在する集落に住む人たちの多くは、漁業で生計を立てておりました。

 その、隣接する集落がお互いに、諍い(いさかい)無く漁をするために、お互いの漁業区域の境界(磯境・方言ではイソザゲェ)を定めることが必要であったと考えられ、そして、その境を示すものが、海に浮かぶ漁船から容易に確認出来るものでなければならないことから、例えば、背後の山から落ちる沢や滝、海岸線が海に突き出た岬などが、磯境の目印に多く設定されているようです。

 そして、それらの場所は、徒歩で歩いて往来していた時代には、貴重な飲み水を補給する所であったり、疲れを癒やす所であったと考えられ、そこを利用する人たちの感謝の気持ちが野地蔵や祠になり、信仰の対象となり、また、磯境としての役割も時代を経た現在に守り継がれ、その機能を今日まで充分果たして来ていると言えます。

 以上の事柄をふまえた上で、話を水族館前山の祠に戻しますが、この祠も当初、水族館の無かった頃は道路下まで磯が迫っており、磯境(今泉と加茂)としての役割を果たしていたと考えられています。この祠も当初はお地蔵様だけだったものが、時代を経て、年月を経て、遭難や事故で命を落とされた人たちの鎮魂を願うための神仏がお地蔵様と一緒に安置されて来たと考えられます。

 祠のお地蔵様の右側の石仏はご指摘の通り観音菩薩で、持ち物から文殊様の立像ではないかと思われます。また、左側の大黒様群は、近所の家庭の台所か神棚に祀られていたものを祠に安置したものと考えられます。

 以上、取材協力 今泉、佐藤豊吉氏 取材と考察:加茂自治振興会 田村隆司

H270504 isosakai 2

H270504 isosakai 3

H270504 isosakai 4

H270504 isosakai 1