この加茂地区ホームページが

「鶴岡市加茂」で検索できるようになりました。

002 baner kamo jichishinkoukai

加茂そぞろ歩き

加茂地域を紹介したパンフレット「加茂そぞろ歩き」です。PDFをダウンロードしてご活用ください。

» PDFダウンロード(2.1MB)

H280605 100 new kamo map 2 H280605 100 new kamo map 3H28.6.8 新しい加茂町歩きマップができました。PDF書類をダウンロードしてご活用下さい。↓↓↓

» PDFダウンロード(5.1MB)

H300610 200 baner 1

⭐️みなとオアシス加茂 紹介ページを開設しました 

 H300620 100 kamotairyoufes

 ⭐️平成30年7月15日開催の第14回海の日記念、加茂港大漁フェスティバルのパンフレット(PDF)のダウンロードができます。↓↓↓

 » PDFダウンロード(1.1MB)

 H300621 100 miyajima100th 1 H300621 100 miyajima100th 2

⭐️バナー協力頂いていております、「愉海亭みやじま」さんの創業100周年記念、平成31年5月31日まで(年末年始、ゴールデウイーク除く)の期間限定特別プランのチラシのダウンロードができます。↓↓↓

» PDFダウンロード(1.7MB)

» PDFダウンロード  (1.3MB)

 H291029 100 takeya hotel

バナー協力頂いていております、「竹屋ホテル」さんの平成30年5月31日まで(年末年始、ゴールデウイーク除く)の期間限定特別プランのチラシのダウンロードができます。↓↓↓

» PDFダウンロード(0.9MB)

 H300429 100 TSC calendar 1 H300429 100 TSC calendar 2

平成30年5月のたかだてスポーツクラブカレンダー等(PDF)のダウンロードができます。↓↓↓

» PDFダウンロード(1.3MB)

» PDFダウンロード(1.4MB)

H290930 100 syogaigakusyu kouho3

平成29年9月28日発行の平成29年度〜加茂・生涯学習講座〜広報☆第3号(PDF)のダウンロードができます。↓↓↓

» PDFダウンロード(1.1MB)

このホームページのQRコードです

QRcode yamagata-kamo

 

失われた宝物

鶴岡第五中学校 2年  菅原颯人

 僕の住む油戸地区には、すばらしい海があります。海水浴をしたり、魚を釣ったりできる、とても平和な海です。しかし、ここ数年、「平和な海が盗まれる」という事件が多発しています。「海が盗まれる」とは、どのようなことだと思いますか。油戸の沖合に「あね島」という大きな岩があります。そこは、岩ガキがたくさんとれる場所で、地元の漁師さんもとってはいけないことになっています。そんなあね島から、数百万円相当の岩ガキが「密漁」されました。はじめは、他人事だと思いました。自分の家は、漁師をしていないし、カキなんか食べなかったからです。しかし、地元の漁師さんは、もうかんかんに怒っていました。そのせいで、海に潜っていただけでも、「何をとっているんだ」と、疑われるときが多くなりました。これでは、遠くから来たお客さんも、楽しく潜って遊べなくなってしまうのではないかと思いました。きれいな海で育った岩ガキは、とってもおいしいに違いありません。密漁してしまった人の気持ちもわかります。しかし、どんなにたくさんとれるからといって、「法」に触れることをしてはいけないし、それが「海のマナー」だと思います。海のマナーを守ることで、生命の源である「海」を次の世代へきれいなまま、生き物が豊富なまま、残すことができます。ですから、まず、一人ひとりが「海のマナー」を守っていくべきです。

 地域の漁協組合では、「密漁パトロール」をはじめ、あね島をパトロールするようになりました。その様子を見ていると、なんだかあね島が、油戸の「宝物」のように思えてきました。いや、思えるのではなく、「宝物」だったのです。あね島だけでなく「海」自体が僕らの宝物だったのだと思います。ですから、僕らには、海を守らなければならない「義務」があります。守らなければならない宝物なのです。この夏、「魚釣島」や「尖閣諸島」の問題が、ニュースなどで多く報じられていました。どちらも領海にかかわっています。海は世界中、みんなの「宝物」。決して、宝物を独り占めにしてはいけないと思います。ですから、平和に、最善を尽くして、解決してほしいです。そして、世界中、みんなで、「宝物」を守っていきたいです。これからも、ずっと、未来のために、宝物のために...。

 

<鶴岡市立鶴岡第五中学校からのコメント>

 「ざぶん賞」聞き慣れない賞だと思いますが、テーマは生命の源である、水に関係した内容の作文・童話・詩・手紙。たとえば、「海や川、湖などについて、あなたの思ったり、感じたりしていること。」「水や命について、あなたが考えたり、願ったりしていること。」「水に関することで、あなたが経験した楽しかったこと、怖かったこと。」などです。今回颯人君は「失われた宝物」というタイトルで、作文を出品しました。概略は、彼が住む油戸地区の海を、ある事件を契機に「かけがえのない宝物」であることに気づき、生命の根元である「海」を、みんなで守っていく義務があるということを述べたものです。颯人君の、地域を愛し、誇りとし、守っていきたいという気持ちがひしひしと伝わってきます。ご一読下さい。

 

H250421 nihonkai aburato